たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うことをつづります

久しぶりのバッハ

ぱんだぬきは下の子が幼稚園に入ったころに

ピアノレッスン(もちろん受けるほう、笑)を再開したので

子どもの頃と併せると25年くらいピアノを習っています。

f:id:pandanukichen:20180605104206j:plain

今の先生について6年目位になりますが

初めてのバッハです。

前の先生の時にはバッハも弾いていたのですが

譜読みするだけみたいで、なかなか仕上がらずにいました。

 

今回は、イタリア協奏曲の終楽章。

6ページの曲ですが、ゆっくり始めても走ってしまう。

どうしても徐々にテンポアップしてしまいます。

拍の後ろの音をきちんと認識して弾くこと、と

教わってきたので、

暫く毎日メトロノームに合わせてゆっくり練習です。

どのあたりで急ぐか、だけではなくて

どの音がきちんと弾けていないか、を気に掛けながら。

 

バッハって、精緻ですね。

よく言えば臨機応変、悪く言えば行き当たりばったりの

ぱんだぬきには必要な修養のような気がします。