たぬきのぱんやさんにっき

おいしいこと、季節のこと、思うことをつづります

沙羅双樹の花

f:id:pandanukichen:20180604090414j:plain

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
     沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
奢れる者も久しからず ただ春の夜の夢の如し
     猛き人もついには滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ

 

平家物語の冒頭の一節です。

中学校(?)で暗記されられた人も多いのではないでしょうか。

その沙羅双樹がの木がお隣にあります。

これからの季節ベランダから毎日眺めます。

6月に入るとすぐ咲き始めました。 

沙羅双樹は「なつつばき」とも言います。

咲いて一日で花は落ちてしまいます。

f:id:pandanukichen:20180604090507j:plain

まだ咲き始めたばかりで数は少ないけれど、

蕾はたくさんあります。

毎日涼しげな花を咲かせてくれます。

f:id:pandanukichen:20180604090816j:plain

盛者必衰、気を緩めちゃいけませんね。

ぱんだぬきのパン教室は盛者と言うほどではないけれど、

15年続いたことに胡坐をかかず、

努力を続けなくてはいけないな、と思います。